カラマツの紅葉~そして冬の準備~

富良野地方の紅葉は10月中旬ごろですが、カラマツは11月上旬ごろに黄色く紅葉します。
時計回りの丘(麓郷地区)のカラマツです。
画像


10月に降った雪はすぐに融けましたがさすがに寒いので、近所の鉄工所に、煙突式のストーブを設置してもらいました。
画像

鉄工所のおっちゃんいわく「北海道じゃ夜寝る時もストーブをつけたままにするんだ」
ストーブの火をつけたまま眠るのは抵抗がありますが・・。やっぱりつけたままにしないと生活できないのだろうか・・・。ど~なんだろ~。

ふらのオーガニックアカデミーで野菜栽培をすることはもうなくなり、ハウスのビニールは10月末に撤去しました。
画像

さみしい光景・・・。せめて11月末まで栽培できないかな~。
ビニールを撤去しているとき、年末の大掃除の気分になりました。年末まであと2か月もあるのに・・・。

でも、北海道の農業は、野菜栽培の区切りができて、冬の間に来年の計画をじっくり考える時間ができるという利点があります。
埼玉では1年中農作業しているのと比べてどちらがいいかは、人それぞれのスタイルがあるでしょうが、じっくり物思いにふけるかんちゃんにとっては、北海道のスタイルが合っているのかな?

かんちゃんは、来年以降の農作業に生かすため、今、建設機械やフォークリフトの運転講習を受けています。
8月の大雨でほうれん草を枯らしてしまった経験から、排水対策の重要性を学んだので、あえて受講料を払って講習を受けることにしました!
画像


これから自立してお金を稼いで、妻や子供がちゃんとごはんを食べられて、子供の教育も満足に受けられるようになるために、知恵と技能を磨いていきます!(・・・まずは結婚相手を見つけないとですね!)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

G8松
2010年11月14日 00:30
モンゴルでは紅葉もなく、緑の大草原は雪原に変わりました。ここ数日は日中も氷点上に達せず、いよいよ冷凍庫の世界に突入かつ数カ月間は続くことを覚悟せねばなりません。桜の咲く頃に復員できたら、花見と北斗星でのふらのの丘訪問を楽しみに越冬生活しています。ひところノギャル(農ギャル)が話題になりましたが、さておき洒落た農男にふさわしい農女は少なくないはずです。
かんちゃん
2010年11月14日 15:40
モンゴルはもう雪原ですか!北海道を超えた寒さですね。ふらのの丘が雪原になるのはまだ先です。
モンゴルの農村について、大草原での移動式放牧をイメージしますが、野菜は栽培されているのでしょうか?どんな野菜が栽培されているのでしょう?
リラクマ
2010年11月14日 17:36
ストーブ無しの所で生活してたのexclamation&question凍えちゃうよ雪
かんちゃんの生活スタイルがあるだろうけど、冬は、埼玉に、出稼ぎに帰って来ても良いんじゃないexclamation&question
G8松
2010年11月14日 22:05
モンゴルの市場やスーパーでは一般野菜は売られていますが、果物(漢字原産地記載あり)同様に中国からの輸入品だろう深く考えませんでした。周囲はイメージどおりの大草原の放牧(羊、山羊、馬、牛、ヤク)ばかりで、点在するゲルの周囲にも野菜畑は見たことがありません。雨量の乏しい乾燥地なので、灌漑ができず畑作や果樹栽培は難しいのかもしれません。地元の人に聞いておきます。
モリ
2010年11月17日 19:17
本日ご一緒したモリです。
お疲れさまでした。
ブログ、一番にヒットしましたよ!
今日はとっても勉強になりました。
また、次回もよろしくお願いします。
かんちゃん
2010年11月17日 22:22
みなさま、コメントいただきありがとうございます!今はJr野菜ソムリエの勉強をしていますが、その後の冬をどう有意義に過ごすかは、検討中です。決まったらこのブログでお知らせします。
コメントいただいた方とは、またどこかでお会いできると思うので、その時はよろしくお願いしますね。

この記事へのトラックバック