食と野菜ソムリエの日~トマトの食べ比べ~

10日、富良野からバスで2時間半かけて札幌まで出かけました。
4月9日は食と野菜ソムリエの日ということで、日本野菜ソムリエ協会がトマトをテーマに全国でイベントを開催しています。

札幌支部ではトマトの食べ比べをするということで、ミニトマトに興味深々のかんちゃんにとって絶好の機会と思ったので参加しました。

13種類のトマトがずらりと会場に並びました。うち2種類が北海道士幌町産、11種類が本州や九州・四国産です。
画像


下の写真の1と2は大玉トマト、3と4はフルーツトマト(大玉のSサイズ)、4~13まではミニトマト(9番は欠番です)、14はだ円形のマイクロミニトマトです。
画像


トマト・ミニトマトの本来の旬は夏なので、このような企画は夏にやってほしかったな~と思ってました。
でも、並べられたトマトを食べ比べると、味オンチ(?)のかんちゃんでも味の違いを微妙に感じることができました。

主な感想は、
千果(士幌町産)・・・夏に採れたもので完熟だったらもっとおいしいはず!富良野でもJA指定品種であり、よく栽培されています。
シシリアンルージュ(士幌町産・千葉県産)・・・名前はよく聞いていたが、生食だと味は?でも、加熱調理には良いとのこと。
アメーラルビンズ・・・小さくて甘い!スイーツお菓子に合うかな?
といったところです。
全体的には、名前や写真でしか知れなかった品種のトマトを実際に味わえたのが、貴重な体験になりました。

帰りに、ジュニア野菜ソムリエの仲間に誘われて、野菜ソムリエのお店「リトルジュースバー」へ行きました。
画像


福島県産野菜の応援セールがあったので、福島県産イチゴのジュースを注文しました。
画像


これがとてもおいしかった!いちごをどのようにしたら、飲みやすくさわやかで、いちごの濃厚な味を味わえるジュースができるのだろうと思うくらいでした。調理のプロの技術には驚きました。

福島県、関東産の野菜が風評被害に遭っていますが、摂取・出荷制限の対象になってない野菜は大丈夫!
原発事故・放射能漏れ問題で風評被害に遭っている福島県や関東地方の農家さん、震災・津波被害に遭った東北地方の農家さんが、1日も早く困難を乗り越えられる日が来ることを願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

おちび
2011年04月12日 08:11
このイベント超楽しそう
実際に並べてみて味比べしてみると違いがよくわかるよね。
うちの学校では大玉の麗夏、中玉のフルティカ、
ミニトマトの千果の三種類の苗が出来上がっています。
アメーラルビンズは気になりますね~
個人圃場をもらえるのでやってみようかね。

かんちゃんが苺のジュースなんてカワユイですね
ぽんぽこやまのたぬきちゃん
2011年04月12日 10:46
遠いところ、お疲れさまでした。
トマトの食べ比べはできたし
美味しいフレッシュジュースは飲めたし
いい一日になりましたよね、お互い。
また、美味しい野菜や果物を食べに出かけましょう!
かんちゃん
2011年04月12日 20:25
おちびさん、茨城で余震が昨日も今日もあったみたいで、心配していました。無事でよかったです。
千果は水戸でも栽培されているのですね。北海道産ミニトマトの専売特許ではなかったんだ~。
かんちゃん
2011年04月12日 20:30
たぬきさん、昨日はありがとうございました。
富良野から少し離れると、普段とは違う視点で食と農について知ることができるのですね。
またよろしくお願いします!

この記事へのトラックバック