お盆休みの出来事(その2)

休み2日目は、恵庭までドライブしました。富良野から車で2時間超!

まず、道の駅「花ロードえにわ」へ
画像

花時計がきれいです。

恵庭の農家さんが野菜を出荷している直売所もありました。
画像


そのあと、えこりん村の「とまとの森」を見学
水耕栽培で、普通のトマトの種1つから巨木のようにトマトの樹を成長させています。普通は1本仕立てで成長させてわき芽を欠くのですが、ここではわき芽を欠きません。
画像


天井に実がたくさんなっています。目標収量は2万個だそう。
画像


説明書きをみると、ストレスとなる障害を取り除けばとことん成長するという理論のもと、例えば成長の障害(?)となる土を使わず、栄養分が入った水を循環させて根をたくさん張り巡らせたのだそう。

かんちゃんの感想として、見る分には面白くて農薬を使わないという利点もあるのですが、土を使わないでストレスを与えない栽培というのが不自然な点で引っ掛かりました。
やはり、自然の土と太陽で育ち、多少のストレスがある環境で育ったトマトの方が、自然の原理にかなった野菜ができると思います。人間の成長と同じで。
かんちゃんとしては、水耕栽培や植物工場でつくられたミニトマトに負けないような、富良野の気候・土・太陽で育てた美味しいミニトマトをつくるのが目標です。

とはいいつつ、この「とまとの森」のトマトで作られたゼリーが好評だそうで、それをお土産に買おうと思ったのですが売り切れでした。残念!
代わりにえこりん村で栽培されたバラを材料にしたゼリーのセットを買いました。
ばらのゼリーは、富良野へ帰ってから農作業ヘルパー友達にちょっと分けて、あとは知り合いのお土産にしました。

こうしてあっという間の盆休みが終わったのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぽんぽこやまのたぬきちゃん
2011年08月20日 17:36
かんちゃん、こんにちは。

楽しいお盆休みだったみたいですね。
お休みもしっかりトマト漬け!(笑)

ほわいとすとーぶの看板、気になるよね(笑)
えこりん村のトマトは見たことがありますよ。

ところで、ドライブは誰かと一緒??
ちょっと気になってま~す(笑)
かんちゃん
2011年08月22日 14:34
お盆休み2日間は、ミニトマト5種類の食べ比べもしました。面白いもの眺めるのも美味しいもの食べるのも、一人よりは一緒に喜ぶ人がいるといいですね。
おちび
2011年08月24日 18:25
2日間のお盆休みもとても有意義に過ごされたのですね。
着実に北海道の地に根を張ってる様子ですね。
トマトの水耕栽培(トマトに限らずですが)、私も違和感だらけです。まあ、いろんなやり方があっていいとは思いますが、私はやることはないでしょう。その前にそんな設備投資できる資金もないんですが
人間がつくる植物工場のような気がしてしまって。本来、植物(野菜)はとてつもないパワーをもってるわけで、その力をうまく発揮できるように人間がちょっと手助けするだけでいいというのが私の考え。人のやることは全然否定はしないし、みんなそれぞれのポリシーをもってやっていればそれはそれで。かんちゃんも自分のポリシーを持ち続けてくださいね。
かんちゃん
2011年08月25日 20:18
おちびさんも有意義な夏休みをすごされているようですね。
ミニトマトや葉物野菜は、近い将来、企業などが植物工場で大量生産する時代が来るかもしれません。
従来の生産者にとって強力なライバルとなるでしょう。(ミニトマトの20段超採りとか)
そんな時代に備えて、自然から生まれた野菜は美味しい!と言われるモノを生産者がつくることが必要でしょう。
自然と人をつなげる橋渡し役となる農業のあり方については、おちびさんが学んでいる有機農業の考えがヒントになるのかな~と思います。

この記事へのトラックバック