種まき(その2)

立春(2月4日)の日の種まきのレポートをしましたが、3月に入って再び種まきです。

今回は、果菜類(実がなる野菜)の種も育苗トレーに播きました。
なす、ピーマン、とうがらし、そしてミニトマトの種です。ミニトマトの品種は「千果」です。
「千果」は、かんちゃんが富良野にいた時もたくさん見た品種で、全国的に人気があるようです。

研修先のHさんの畑では、2月下旬に育苗用ビニールハウスが完成しました。

今日は雨だったのですが、ビニールハウスの中で種まきの作業をしたので、雨に関係なく普通に作業できました。
画像


種をまいた育苗トレーを、今度はビニールハウスの中の踏み込み温床の中で保温して、種を発芽させます。
画像


踏み込み温床の中に手を入れると中が暖かいです。30度くらいあります。電気は一切使ってません。
画像


夜は、ビニールハウスの中でも冷えるので、ガラス戸とビニールをかけて保温します。
画像


これら果菜類の野菜の苗を露地の畑に定植する時期は、暖かくなる5月からの予定です。苗の出来具合が、野菜の出来に大きく影響します。
たくさんの野菜の種よ、よく育ちますように!

ちなみに、かんちゃんが試してみたいミニトマトの品種の種も、今月中に種まきする予定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック